MEDICAL TREATMENT

インビザラインファースト
(小児矯正)

「子どもの歯並びが気になる…」
「健康に育ってほしい」

インビザラインファーストとは

インビザラインとは、アメリカのアライン・テクノロジー社が開発した透明のマウスピース型歯列矯正装置です。このうち、インビザラインファーストは混合歯列期(子供の歯と大人の歯の交換期)にある子供を対象にしたマウスピース型歯列矯正装置です。

矯正治療は大きく分けて「1期治療」と呼ばれる子供の矯正と「2期治療」と呼ばれる大人の矯正があります。

インビザラインはこれまで大人の歯並び矯正(子供の歯が全て生え代わった後)を対象としたマウスピース型矯正装置でしたが、インビザラインのシステム技術の進歩と症例の蓄積により、大人の歯と子供の歯が混ざった時期の歯列矯正治療にも適応できることになりました。

2019年3月より、6歳から使用できるインビザラインファーストが発売され、現在は多くの小児歯列矯正治療に使用されています。

インビザラインファーストの特徴

  1. 1

    顎を広げながら歯並びを
    キレイにすることが可能

    一期治療のメリットとして、子供の成長発育を見ながら、歯並びを誘導することができます。これがインビザラインファーストでも可能です。

    さらに、インビザラインファーストには従来の小児矯正よりも優れた面があります。
    通常、小児矯正は顎の成長をコントロールしながら行いますが、小児矯正のみで歯並びまでキレイにすることは難しいといわれています。
    ほとんどの方がその後に成人矯正を行い、歯並びをキレイに治していきますが、インビザラインファーストであれば、顎を理想的な方向へと広げながら歯並びを細かくキレイに並べることが可能です。
    インビザラインと同様に、治療前にシミュレーションで治療の概要を確認できるため、安心して治療に入ることが出来ます。

  2. 2

    痛みが少ない

    インビザラインはマウスピース型矯正装置により、全方向から力が加わります。一方向だけの強い力ではないことから、比較的痛みを訴える方は少ないです。
    また、ワイヤー矯正は「引く力」で移動させますが、マウスピース矯正は「押す力」であり、これも痛みが少ないといわれています。

  3. 3

    治療前後のシミュレーションが可能

    パソコン上で事前に現在の歯並びと矯正治療終了後の歯並びを見比べる事が出来ます。
    インビザラインならではの機能です。

  4. 4

    歯の生える速度を想定したマウスピースが
    オーダーメイドで作製される

    子供の歯と大人の歯の交換期に行う矯正治療であるため、歯の萌出を想定しオーダーメイドのマウスピースが製作されます。
    顔の成長スピードには個人差があるため、マウスピースが合わなくなった場合も交換できるサービスがあり安心できます。またインビザライン治療は保証期間があることも安心できます。

  5. 5

    装着時間が守られているか色でわかります

    マウスピースに青い印が印字されており、装着時間によって変色するデザインをつけることが可能です(オプション)。
    患者さんの協力がないと難しい矯正装置ですが、正しく装着時間を守られているかの確認が出来ます。

インビザラインファーストのメリット

  1. 1

    透明で目立たない

    インビザラインファーストは透明のマウスピース型矯正装置の為、非常に目立ちにくいといった特徴があります。
    小学生の多感な年頃の方でも周りにバレることなく歯並びをキレイに矯正することが可能です。
    目立たないことがメリットですがオリジナルにシールを貼り矯正治療を楽しむことも可能です。(シールはインビザラインから公式に販売されていて現在はAmazonでも購入が可能となっている)

  2. 2

    2期治療がより短期に、より簡単になる

    子供の矯正を行う事で顎の発育をコントロールが出来るため、大人の矯正(2期矯正)が短くできます。
    インビザラインファーストは顎を広げる1期治療の特徴を持ちつつ、歯並びも細かく並べることが可能なため、2期治療ではより簡単な矯正治療になります。
    インビザラインファーストで1期治療を行い、2期治療もインビザライン治療になる場合も継続して治療出来る歯科医院が多いのも特徴です。

  3. 3

    かみ合わせの悪化を予防できる

    早期に矯正治療に取り組むことで、歯並びを理想的な位置に誘導し、かみ合わせをキレイにすることが出来ます。
    噛み合わせが悪いまま放置していると、歯ぎしりや食いしばりで特定の歯に強い負荷がかかり、歯が欠けたり、歯の根が折れる事もあります。
    また、頰の筋肉(咬筋)が発達し、エラの張った顔になることもあります。
    噛み合わせの悪さに学校生活や部活動、人間関係のストレスなどが助長し、歯ぎしりをする子供は増加傾向にあります。咬み合わせを整えることは、将来の健康のカギとなります。

  4. 4

    指しゃぶりや舌の突出グセなどの
    習慣を改善できる

    子供の頃の悪い癖が歯並びの悪さを助長させます。
    特に指しゃぶりや舌で歯を押し出すような癖を長く行っていた場合、出っ歯や前歯のすきっぱの原因となります。
    早めに矯正歯科へ相談し、悪い癖を見つけて改善するような治療・指導を受ける事で、矯正終了後に歯の後戻りを緩和・予防できます。

  5. 5

    治療中も好きなものが食べられる

    自分で取り外しの出来るマウスピース型矯正装置の為、食事の制限がありません。
    学校の友達と遊ぶ時や遠足の時に好きな食べ物をいつも通りに楽しむことが出来ます。
    ただし、虫歯予防のためにもマウスピース装着前には歯磨きは必要ですし、間食の取り方は歯科医院で指導を受けましょう。

  6. 6

    普段どおりの歯磨きで
    お口の中をキレイに保てる

    ワイヤー矯正と違い、矯正装置が取り外しが行えるため、普段と変わらず歯磨きが行えます。
    歯の交換期の生えたばかりの歯はまだ石灰化の程度が弱いため、虫歯リスクが高い状態です。
    マウスピースを取り外し、時間をかけて歯磨きを行い、そのあと仕上げ磨きもいつも通り行いましょう。
    フロスや糸ようじもいつも通りに使えます。
    さらに虫歯予防のフッ素を塗布しそのままマウスピースを装着すれば、歯へのフッ素浸透率が高くなるため、より効率のいい虫歯予防が出来ます。

  7. 7

    スポーツや楽器演奏も
    普段どおりに楽しめる

    マウスピースは欧米はもちろん、日本の薬事承認も取得したプラスチックで出来ているため、身体への安全性の高い装置です。
    従来の装置と比べマウスピースは厚みも薄く、楽器演奏でのジャマにもなりにくいです。
    習い事や趣味にも影響が少なく矯正治療を行えます。
    歯並びは将来海外やメディアで活躍するときの印象の決め手にもなるため、子供のころからの矯正治療が大事です。

  8. 8

    トラブルが少なく通院回数が少ない

    1−2週間間隔で、ご自宅でマウスピースを交換していきます。
    またインビザラインは壊れにくい特殊なプラスチック素材からなり、ワイヤーやブラケットなど、口内炎に繋がるような装置は使用しないため、トラブルが比較的少ない装置です。
    来院間隔は1.5〜3か月毎と親御さんの送迎の負担も最小限に抑えられます。

  9. 9

    金属アレルギーの心配がない

    矯正装置の素材はプラスチックのため、金属を使用していません。
    口の中の詰め物やかぶせ物の金属が原因で金属アレルギーを発症する場合がありますが、インビザラインファーストなら金属不使用のため安心です。

インビザラインファーストの対象年齢と適応条件

インビザラインファーストの適応年齢は6歳〜12歳くらいまでの永久歯が生えそろうまでの時期です。
公式では、第一大臼歯を有し、切歯(乳歯もしくは永久歯)の少なくとも2歯が2/3以上萌出していること、また少なくとも3/4顎に乳歯(C、D、E)又は未萌出の永久歯(3、4、5)を2歯以上有している必要があるとしいます。

インビザラインファーストが適応できるかは歯科医師の判断によります。これはインビザラインファーストもインビザライン同様、適応可能な症例と不可能な症例があるためです。
骨格が原因で引き起こされる咬み合わせの問題に対しては、インビザラインファーストでは対応できないことがあります。必ず矯正専門の歯科医院で診断を受けてください。

インビザラインファーストで治療できる主な症例は
・歯列の拡大
・空隙歯列(すきっぱ)
・叢生(歯のガタガタ)の改善
・歯が原因の歯の前後的な改善(出っ歯・受け口など)
などです。

1期治療・2期治療について

  1. 1

    1期治療とは

    乳歯から永久歯への生え変わりの時期に行う矯正治療です。子供の矯正治療や小児矯正といいます。成長発育に合わせて顎の成長をコントロールするという特徴があります。
    そのため、1期治療を行っていると将来、2期治療の時には歯を抜かずに済んだり、期間を短くして終わる可能性が高くなります。

  2. 2

    2期治療とは

    永久歯の時期に行う矯正治療です。大人の矯正や成人矯正と言います。
    一期治療との違いは成長はほぼ終わっている為、歯を並べるスペースがない場合は歯を抜歯して並べることがあります。
    インプラントアンカーを使用することや複雑な治療になることが多いですが、細かく歯をキレイに並べることで歯が磨くやすくなり予後も良好に保つ事が可能です。

従来の小児矯正との違い

従来の小児矯正の流れ

  1. 1

    来院

  2. 2

    精密検査で今後の治療の流れを説明します。

  3. 3

    装置の使用法の指導

    顎を広げる装置は複雑な事もあり、使用法が難しいことがデメリットでした。
    また取り外しは簡単には出来ません。基本的に2年ほどは同じ装置を使用することが多いです。
    金属であるため装置が少し目立つのと、装置が歯肉や頰などに当たると痛いといったトラブルが起きたりします。

  4. 4

    およそ月に1度の間隔で来院、その他トラブルがあれば来院

  5. 5

    保定

インビザラインファーストによる
矯正の流れ

  1. 1

    来院

    専用の機械で矯正治療後の歯並びのシミュレーションが可能です。

  2. 2

    精密検査で今後の治療の流れを説明します。

  3. 3

    装置の使用法の指導

    マウスピースをはめるだけ!簡単な使用法がメリットの1つです。
    装置は1週間に一度新しいものに交換していく為、お口の中も清潔に保たれます。

  4. 4

    1.5〜3か月間隔での来院、プラスチック素材のため、従来法に比べてトラブルは少ないです。

  5. 5

    保定

    保定装置もマウスピースを使用!事前にカスタマイズされている為型取りは不要。

インビザラインファーストの
デメリット

  1. 1

    歯磨きと食事時以外は
    マウスピースを装着

    マウスピースを装着しないと歯が動かない為、1日20時間の装着を推奨しています。
    基本的には歯磨きと食事以外はマウスピースをはめないといけないため
    お子様の理解と、ご協力が必要です。

  2. 2

    生え変わりの時期は個人差があるため
    マウスピースが入らなくなったら

    再度型取りを行う。
    萌出スピードを想定しカスタマイズされますが、マウスピースが合わない場合はスキャナーで歯の型取りを行います。
    子供の歯並びであれば大体3〜5分程で終わります。

  3. 3

    マウスピース型矯正装置を
    紛失する可能性がある

    トラブルとして、学校での紛失が多くみられます。
    紛失した場合、再作製が必要なため、治療が長引く可能性があります。十分な説明と出来るだけ装置を外さない、食べたら直ぐに付けるなどの習慣付けが必要です。

  4. 4

    誤った使い方で壊れる場合がある

    マウスピースをはめたり、を噛みすぎたり
    わざと歯でギシギシと歯ぎしりをし無駄な力がかかった場合マウスピース自体が破損する可能性があります。
    使い方と注意事項をお子様にもしっかり理解して頂く必要がございます。

  5. 5

    全ての症例に適応ではない

    骨格が原因の咬み合わせの問題には適さない場合があります。
    必ず矯正歯科医院にて検査を受けましょう。

最後に

今までは金属のワイヤーを使用した矯正装置が主流でしたが、今どきは多くの子供たちがこのマウスピース型矯正装置インビザライン・インビザラインファーストを使用して矯正治療を始めています。
マウスピースでなぜ歯が動くのか?
インビザラインファーストのマウスピースをよく見ると波のような模様があります。
これが力であり、歯を動かす事を実現可能にしました。
さらに細かく歯を動かすためにアタッチメントと呼ばれる歯と同じ色の突起物を直接歯につけます。
これにより、実現可能なシミュレーション通りの動きをすることが可能となりました。
歯に直接つけるため、取れにくく飲み込んだりする心配も少ないです。
より安全に、目立ちにくい装置で子供の矯正治療を行う事が可能となりました。
インビザラインファーストなら、普段の生活と変わりなく矯正治療を行えます。

お子様の最適な矯正治療開始時期を逃さないためにも、まずは初回カウンセリングから始めてみてはいかがでしょうか。

小児歯科について

お子様の発育にあわせたケアを

乳歯でしっかり食べ物を噛み砕き、たくさん栄養をとることは、子どものからだの成長にとても大切なことです。またこの時期あごの中では永久歯がつくられていきます。小児期の虫歯や噛み合わせは永久歯の歯並びや大人になってからの口腔状態に大きく影響していきます。
当院では虫歯治療はもちろん、子供のための予防ケア、小児発育矯正などお子様の発育にあわせて予防ケアプログラムを行っております。

お電話 お問い合わせ